MENU

緊急時連絡

ガス臭・ガス漏れ等の緊急連絡先
保安センター
0570-00-3600 年中無休
24時間受付
お電話はおかけまちがいございませんよう番号をよくご確認いただきおかけください。

もしもガスが漏れたら・・・・(ガスのニオイに気づいたら・・・ガス漏れ警報器が鳴ったら・・・)

元栓・器具栓を閉めてください。

元栓・器具栓を閉めてください

扉や窓を大きく開けて風通しよく。

  • 風通しをよくして、漏れたガスを屋外へ自然に追い出します。
  • 換気扇は絶対に回さないでください。(回っているときはそのままさわらない)

火気は厳禁! コンセントやスイッチに触れない。

  • 室内の日は全部消してください。マッチをすったり、たばこを吸うのは厳禁です。
  • 電気器具のスイッチも着火源となりますので、作動させないようにしてください。

京葉ガスリキッドへすぐに連絡を。

  • このとき、お客さまのご住所とお名前、電話番号、道順、さらにガス漏れの場所などを忘れずにおつたえください。
  • 点検を受けるまではガスを使わないようにしてください。
  • 漏れたガスが電話機の作動によって着火するおそれがありますので、電話は安全なところからおかけください。

災害時の対策

火災・地震・台風の際は以下に沿って対策を行ってください。

火災のときは・・・!

容器バルブを閉めて、消防署員などに容器の位置を知らせ、後の処理を頼んでください。

地震のときは・・・!

地震のときは火を全部消し、ガス栓・器具栓を閉めます。ゆれの大きいときは、おさまった後で戸外の容器バルブも閉めてください。

台風や洪水のときは・・・!

台風や洪水のときは 容器バルブを閉め、容器が倒れたり、流れないようにロープ等で固定してください。

容器バルブの閉め方

時計と同じ右まわりに回すと閉まります。災害のときには、容器バルブを閉めることは、二次災害の防止にもなります。
LPガスは災害に強いガスです。

近年各地において地震による大規模な被害が続いています。被災地においてはライフラインの早期復旧が課題となりました。LPガスは、避難所などで素早く対応できることや、設備の復旧の早さにおいて人々の暮らしに大きな安心感をもたらし、「災害に強いLPガス」がいろいろなところで実証されています。

マイコンメーターの復帰操作

ガス栓・器具栓を閉める

ガス栓、器具栓を 全て閉めてください。

復帰ボタンを押す

メーター前面左側の遮断弁開スイッチ(黒い部分)を押し赤いランプの点灯を確認してからすぐに手をはなしてください。

1~2分間待つ

1分間お待ちください。メーター前面の液晶と赤いランプが点滅しますので確認してください。

点火確認

赤いランプの点滅と液晶が消えたらガスの使用ができるようになります。なお、正常に復帰しない場合は、当社までご連絡ください。

緊急・お困りのときは...

ガス臭・ガス漏れの緊急連絡
ガスメーターによるガス遮断時の復帰方法

京葉ガスリキッドお客さまセンター

0120-34-8671
携帯電話・PHSからもご利用になれます